更新情報

2024/1/13
1月・2月・3月の受付について更新

2023/12/14
11月・12月の受付を終了に変更

2023/11/9
11月・12月の受付について更新







一乘寺では代々御朱印・御首題をお書きして参りました。
令和元年12月26日より、多くの方と御縁を結べるよう、また、谷中の一乘寺を知って頂きたいという願いから、一乘寺境内に鎮座する魚籃(ぎょらん)観音様の石像をモチーフとした御朱印・御首題を始めました。

本来は参拝して頂き御朱印・御首題をお書きするのが一乘寺としての方針でありますが、外出が心配な方には「往復郵送」でも受付を致します。

なお、受付方法を変更することがありますのでご了承下さい。





絵入り御朱印一覧表



令和6年1月・2月・3月のデザイン
※絵入り御朱印は今年から3ヶ月クールで動いています
★下記の各画像をクリックすると拡大します






今年の魚籃観音様は、3ヶ月毎、年4種類のデザインを予定しております。
年間テーマは『春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)』です。
そして、1月・2月・3月のテーマは『春』です。
今回の『春』のデザインには、『梅』・『すみれ』・『菜の花』・『桜』といった「花」を描き、冬から春へ移り変わる悦びや、春の躍動的な雰囲気を表現しました。
なお、今回、白和紙の他に、黒和紙(濃い色の和紙)用のインクも用意しましたので、こちらも是非チェックして下さい。

昨年までは2ヶ月毎のデザインでしたが、今年は3ヶ月毎にデザインが変わっていきます。
是非、3ヶ月毎のデザインを『春・夏・秋・冬』で並べて四季の移ろいを感じて頂くのも楽しいかと思います。
これはあくまで予定ですが、10・11・12月の受付において、1年間の集大成御朱印『百花繚乱(ひゃっかりょうらん)〈予定〉』を考えています。

※画像は1月13日時点の見本です。配置や色を変更する場合があります。








一乘寺は日蓮宗に属しています。日蓮宗の開祖である日蓮聖人(1222-1282)は、承久4年(改元して貞応元年)2月16日に、安房国長狭群東条郷片海(現在の千葉県鴨川市小湊)にお生まれになられました。
今回聖人のお誕生を記念し、御聖日(ごせいじつ)御朱印を作成しました。
お生まれになった小湊の海や、生まれた時に港に鯛が現れた伝説を表現しました。





★①~③はミニ御朱印帳対応
★③~⑨は細長い帳面(大判御朱印帳の縦半分のサイズ)対応

※①・③~⑦は濃い和紙の帳面(黒や紺の和紙等)にお書き入れできます


ミニ御朱印・御首題は、1月・2月・3月受付のデザインの一部分を使用します。その他、ご希望がございましたら、基本から離れない程度の可能な範囲でお書きしております。
またミニ御朱印は、使用するページ数には決まりはございませんので、ご希望の使用ページ数をお書き添え下さい。
なお、お持ちのミニ帳面のサイズによってはご希望に添えない場合がございます。
※ミニ御朱印(①~③)は基本的にはミニのハンコを使用致します。なお、見本のデザイン外で通常サイズのハンコを使用する場合、志納料につきましては要相談でお願いします。⑤志納料を参照下さい。
※細長い帳面は基本的に、1面毎のデザインとなります。




絵入り御朱印の直書きは全て郵送での返送になります



※「直書き申し込み受付」はお休みの日を設けております。ご注意下さい。
※受付数が多く次回の受付に影響を与える際は、受付の終了を早める場合があります。
※予定が変更になる可能性があります。お出かけ前に必ずご確認下さい。




※サイズでご不明な点はお問い合わせ下さい
※ミニ御朱印・御首題のサイズは特に指定はありません